事業承継で今まで培ってきた技術を残しましよう

事業承継とはどういう意味?

事業承継とは広い意味でいうと、OEMや業務提携・企業買収・企業売却・合併などいろいろな方法で他の会社の技術を取り込んだり、会社自体を取り込む、あるいは売却する、技術を提供するなどのことです。
通常良く使われている意味では、中小企業の経営の後継がいないために、存続が困難な会社の事業を継続させる手段をいいます。

事業承継のメリットと方法

日本の中小企業、特に工業分野では突出した技術を持った会社が多く存在します。でも後継者不足や従業員不足で廃業の危機に直面している会社が多数存在しています。そんな会社がこのまま廃業して持っている技術が無くなってしまったら非常に残念な話です。
例えば、販売ルートが充実している会社と、製造技術は持っているが販売ルートを持っていない会社が一緒になったら、双方の会社の事業が発展しますよね。後継者がいない場合、持っている技術や従業員を守るために事業売却や合併をするのも一つの手段です。このことを事業承継と言い、これからの日本にとって重要な意味を持つと思います。事業承継を行うことで双方の会社が益々発展するキッカケにもなるし、なんといっても従業員が守れます。
事業承継については仲介してくれる会社や事務所が多々あります。税理士や司法書士、社会保険労務士などの事務所で仲介をしてくれるところもあるので、事業継承を考えている事業主の皆さんは相談してみてはいかがでしょうか?卓越した技術を持っている日本の中小企業をなんとしても守っていきたいものです。

事業承継は広い意味では全ての企業の合併や買収・売却・提携などを指しますが、狭い意味では中小企業が後継者不足で廃業の危機にある場合の存続手段として事業売却などを行うことを言います。

Scroll to Top