企業の人事部の皆さんへ、タイムカードアプリで労務管理ができます。

タイムカードアプリを活用しましょう

働き方改革が推進されている現在、世の中では不当残業が問題になっています。いわゆるブラック企業の問題ですが、大手企業の中でも摘発されるケースが多々あります。残業代の未払や法規制以上の残業などです。究極は働きすぎによる自殺問題も大きく取り上げられています。労働基準監督署の監査も益々厳しくなってきていて、不当残業がないか従業員のメールの履歴まで調べるようです。

その為、企業の人事では従業員の労働時間をキチンと把握しておかなければなりませんし、労働時間や残業時間の履歴を証拠として保管しておく必要があります。そのためにはタイムカードアプリを導入すると大変便利です。従来のタイムカードでは計算が非常に面倒で、多大な作業時間を必要としましたが、タイムカードアプリならば自動で簡単に集計できます。

タイムカードアプリの活用方法

タイムカードアプリは労働時間や残業時間の集計のみでは無く、働き方改革や自己管理にも活用できます。36協定の内容を登録しておけば、日々の残業が協定時間をオーバーしないか表示することも可能です。あらかじめ有給休暇の取得日を登録して、休暇の管理もできます。従業員の住所や家族構成・マイナンバーを登録して全てを一括管理する機能もあるようです。又、それらは個人でもパソコンから閲覧できて自己管理が可能です。給与計算と連携していていると経理部門の改善に大変役立ちますよね。その他にも様々な機能を持っているアプリがあるので、企業の働き方改革の手助けになるでしょう。

従業員を雇用している会社では、不正打刻や勤怠管理の間違いでトラブルが生じる事があります。タイムレコーダー アプリを導入すれば、適切な労働時間管理や不正打刻防止が可能になり労働トラブルの防止に繋がります。

Scroll to Top