社内報を作成する目的は?どんな風に作るの?

会社や社員を知ってもらえる

会社には大きな会社もあれば小さな会社もあります。小さな会社だと、事業所等が一か所等なので社員の顔もわかりやすいです。何をしている会社なのかもわかります。しかし大きな会社だと全国や世界に支店や支社があります。直接事業に関わらない人もいるので、その会社が何をしているのか知らない人もいるかもしれません。社内報を作成すれば、会社や他の社員を知ってもらえます。いろいろな記事で会社や社員を紹介し、今どんな事業を行っているのか、それぞれの部署ではどんな仕事をしているのかなどを知ってもらいます。直接交流がなくても、社内報を通じてお互い知り合えるかもしれません。社員旅行などで交流をしなくても、コミュニケーションが行えるようになります。

どんな記事を中心に掲載するか

毎日発行されるものとして新聞があります。全国紙と呼ばれる新聞にはいろいろな記事が掲載されています。ただしそれぞれに一定のルールがあります。1面にどんな記事があり、2面に何があるなどが決められています。今日はスポーツを全般的に掲載する、次の日は経済を中心にするなど偏った掲載方法は取りません。会社によっては社内報を作成して社員の士気を高めようとするところがあります。作成をするとき、記事に関する一定のルールを決めた方がいいでしょう。社員や部署を紹介するコーナーを作るなら毎回いろいろな部署などを紹介します。毎回内容が大きく変わると、社内報で何が分かるのかが分からなくなります。レイアウトなどもある程度同じようにした方が読みやすくなるでしょう。

社内報は企業の社員向けの広報誌で、定期的に発行されます。社長から社員へのメッセージや、事業所毎の活動や社員の表彰と、社員同士の親睦の様子等を紹介しています。企業全体の連帯感を高めるのにも役立ちます。

Scroll to Top