社員研修の種類、そして種類ごとの効果とは!?

基礎レベルに最適!集合研修

研修と聞いて一番最初にイメージするものが集合研修ではないでしょうか。職場から離れて講習会形式やロールプレイング形式等、様々な形式で行われる研修です。多人数で集まって行われることが多く基礎的な事項を研修することに向いているため、新入社員や新任管理職を対象に実施されています。また同レベル程度の社員が多数集まるため、社員同士切磋琢磨し良いライバルを見つけられる機会にもなるでしょう。

より専門的な部分を習得ojt

On the job trainingの頭文字をつなげたもので、実際の職場で行われます。同じ業務を行っている先輩社員や統率する上司によって行われることが多く、より専門的で業務に沿った研修をすることに向いています。多くの企業ではまず集合研修を行い、続いてojtで実際に行う業務内容や流れ、必要な知識とスキルを教えます。同じ職場内で行われるので、チームの円滑なコミュニケーションにつながるといえるでしょう。

自主学習を補助するeラーニング

eラーニングのeはelectronicからきており、多くのケースでインターネットや電子メール、ビデオ配信などの情報通信を活用して行われています。社員にとっては自由な時間、場所で、企業にとっては講師等の人件費いらずで行えることがメリットといえるでしょう。また研修資料の更新や進捗管理がデータで行える点は、双方にとっての利点でしょう。集合研修やojtの予習や復習に効果的なツールの一つです。種類ごとに異なる研修の効果をふまえ、社員のスキルアップに活かしていきましょう!

ハラスメント問題や働き方改革など考慮すべき問題が多い昨今、mg研修は非常に重要です。研修を通したマネージメント力の強化が攻め、守り双方にとって欠かせません。

Scroll to Top