中年世代がタクシー運転手へ再就職する理由はこれ!

サポート体制が充実している

タクシー運転手は2種免許という特殊な資格が必要ですよね。取得できる地域が限定されたりそれにかかわる費用がネックとなります。しかし、多くの会社ではここの部分は無償で対応してくれるのです。ですから、だれでもタクシー運転手になれるチャンスがあるのです。また、地理感覚も研修という形で指導してくれますし、勤務体系や時間にも相談に応じてくれます。

実力に応じた給与体系

基本給に加えてどれだけお客様をのせて稼いだかが上乗せされます。したがって、自分でどのエリアや時間帯が顧客を獲得しやすいかをしっかりと分析して実践し、反省を繰り返すことで売り上げを向上させるというモチベーションのアップにつながります。

色々なサービスに携われる

タクシー業界は、乗用車で顧客を目的地までのせるだけのサービスだけではありません。介護サービスや女性専用サービスや子育てサービスなどがあります。したがって、子供が好きで送迎をしたいニーズや介護の資格を持っている場合などはこうしたユニークな仕事にも参画することが可能ですよ。

自分自身が経営者になれる

実力がつけば、地域によりますが個人タクシーを開業することができます。つまり、経営者として運営することで利益がそのまま自分のものになるのです。ただし、事故などのトラブル対応や車の点検管理といった事務的な部分まで対応しなければならないので業務不可は高くなります。タクシー会社でしっかりと経験を積み重ねることが重要ですよ。休日の設定など勤務時間の自由度が高まることも利点です。

役員運転手とは、企業や公的機関のトップなどのスケジュールに合わせて一日行動を共にする、専属運転手のことです。安全で滑らかな運転技術はもちろんのこと、丁寧な言葉遣いや秘密厳守が求められます。

Scroll to Top