蓄電を使えば利用の幅も広がる!!寿命や故障原因なども知っておこう!!

売電ではなく蓄電をして活用する

太陽光発電装置を設置すると、太陽光を利用した発電が可能になります。発電した電気を使えばその分電力会社から購入する電気を減らせます。電気代の節約になるかもしれません。しかし発電した電気をすべて使うとは限りません。一応売電の仕組みがあるため、使わない電気は電力会社で買い取ってもらえますが、将来的にこの仕組みが継続するかはわかりません。太陽光発電の効果的な利用方法として、蓄電装置の利用があります。電池を貯める仕組みを使えば、昼間に発電した電気を夜に使ったり雨の日などに使えます。蓄電の技術はこれからさらに向上するでしょうから、うまく組み合わせると節約につなげられます。売電で元が取れないとしても、自分で使って元が取れるかもしれません。

寿命や故障の原因などを知っておく

太陽光発電では、太陽から受けた光を電気に変える仕組みを用いています。発電に関して別途資源などは必要ないため、クリーンなエネルギー源と言えるでしょう。ではいつまで使えるかですが、一応寿命が示されています。20年ほどで使えなくなるとされていて、その後は廃棄されます。ただ20年はあくまでも概算で、実際に20年使ったらどうなるかなどのデータがありません。これから20年経過するパネルが出てくるので、それらの状況によってわかってくるでしょう。寿命以外には故障の可能性があります。台風などで物が飛んできて当たると故障するかもしれません。汚れがたまってきたときや積雪がたまったりすると発電できないときもあるので、仕組みをきちんと把握しましょう。

一時期よりは太陽光発電の価格は下がって来ていますが、それと同時に売電価格も減少しています。太陽光発電を導入する際にはメリットがあるかよく検討しましょう。

Scroll to Top